まとまった
例のトルコの盗まれた猫の像、元の場所に戻る
1: オリンピック予選スラム(東京都)@\(^o^)/ [US]:2016/11/12(土) 22:40:21.61 ID:i88vNwtg0.net
トルコの首都イスタンブールにある、銅像になって永遠の命を得た人気の猫が今年11月初旬に盗まれたものの、元の位置に戻された。
泥棒たちは、盗んだ時同様に誰にもバレずに元に戻した。
イスタンブールのアジア側にあるカドゥキョイ地区に設置された小さな銅像は、変わった行動で人々の記憶に残った猫に捧げられている。
猫は生前、「考え込むようなポーズ」で道路脇に長く座っていたのだ。猫はトムブリ(おデブちゃん)というあだ名を与えられた。
夏、市民と旅行者に愛された猫は亡くなり、11月4日には銅像が建てられた。
わずか1ヶ月後には銅像の猫は姿を消し、全世界の人々の怒りを買った。
おそらく、この反応が盗人たちにどうすべきか考え込ませたのだろう。そして、11月の夜の帳の下、盗人たちは猫を元の場所に戻した。

そー
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201611123005155/















22:

おかえりニャ
22:

はい
22:

自分で散歩してたのか?
22:

散歩だろ
22:

土台ごとブロンズで作れよw
22:

これ置いてあるだけなの?
固定しとけよw
22:

なんだ散歩か
22:

たまには屋根の上を歩きたいにゃ~
22:

手直ししてから戻してたら面白かったのに
22:

銅像クオリティ低すぎだろ…
22:

モデル猫の可愛さがちっとも出てない像
22:

型をとって、もっと出来のいいものを作ってるんじゃ?
23:

ロダン作 「考えるネコ」
23:

謝罪の手紙くらい置いておけや!
23:

出来のいい像にチェンジ出来たかもしれないのに
23:

猫のお返し、ジブリかよ
23:

23:

散歩行ってたんか
おかえり
-->
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧