まとまった
ノーベル賞作家の作品送ってみたら…全出版社がボツに ファンが「実験」 中居正広、ジャニーズ残留を画策。滝沢秀明に土下座も辞さず
女の子「筋トレしてる男はナルシストみたいでキモいw自然についた筋肉が良い」 【快挙】東大、割れてもすぐ直るガラスを開発
座れる通学二時間=座れない20分 アルパカと合成されてしまったテディベアがこちらwwwwwwwww
【マジかよ】17年間父親だと思ってた人物の正体wwwwwww ジョージ・クルーニー 友達14人に1億円ずつ(税込み)キャッシュでプレゼント ひとりは全額チャリティーに寄付
俺 「音を感じることができるGIF画像があるだと?ハハッそんな馬鹿な」 → うわああああああああマジだ 【悲報】今年流行った曲USAしかない
ノーベル賞作家の作品送ってみたら…全出版社がボツに ファンが「実験」
Tweet
1:腐乱死体の場合 ★:2017/12/13(水) 16:18:18.85 ID:CAP_USER9.net
ノーベル賞作家の作品送ってみたら…全出版社がボツに ファンが「実験」

12/13(水) 15:31配信

AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000025-jij_afp-int

生前のクロード・シモン氏。自宅にて(1981年撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News




【AFP=時事】1985年にノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)を受賞した仏作家クロード・シモン(Claude Simon)のファンが、
シモンの作品を大手を含む出版社19社に送るという「実験」をしたところ、全社から刊行を断られていたことが分かった。

 ライターのセルジュ・ボル(Serge Volle)氏(70)は、スペイン内戦を描いたシモンの1962年の作品『ル・パラス(The Palace)』の抜粋50ページを19の出版社へ送付。
すると12社から出版を断られ、残りの7社からは返事すら来なかったという。

 ボル氏によると、ある編集者は「一文一文が果てしなく長く、読者を完全に突き放している」と感想を述べたという。

 シモンは「ヌーボー・ロマン(新しい小説の意)」の旗手の一人とされ、冗長な文章を書くことで知られる。
また、1981年の傑作『農耕詩(The Georgics)』はしばしば1文が数ページにわたっていることでも有名だ。

 ボル氏は、出版社の反応が今の出版界の実利主義を物語っていると嘆き、
仏文豪マルセル・プルースト(Marcel Proust)の言葉を引用しながら、文学作品を出版するにはすでに有名な作家である必要があると指摘した。

 ボル氏は作品の抜粋を送った出版社については言及を避けたものの、
シモンがノーベル文学賞を受賞するきっかけとなった『農耕詩』ですら、多くが出版を断ったという。

※全文はソースで
16:

_ノ乙(、ン、)_売れないしね
16:

丸パクがバレてたんだろ
17:

>>4
見抜けなかったとしたら
没にしたことよりもそっちの方が問題だよな
18:

>>4
だったら「丸パクは失格」と言われるだけでしょ
論評しちゃったから恥かいてる
18:

>>660
これって恥かなぁ
たとえノーベル賞作家の作品だってずっとその完成度じゃないだろうし、一作毎に浮き沈みもある
しかも時代によって好まれる文体やらなんやらいくらでも変わる要素がある

『有名作家の作品だからそれを見極められないなんて』って思考だけしかない方が恥ずかしくない?
しかも「マイナーな作品」って事は評価得られにくいやつだったんだろうし
18:

>>726
全滅というところが肝
18:

>>726
まあ恥は言い過ぎたか
やるなら現役の作家に書いてもらって偽名で応募するとかじゃないとフェアじゃないかもな
19:

>>4
却下された理由がこれだって

>一文一文が果てしなく長く、読者を完全に突き放している
16:

著作権侵害だからダメと理由が一つもなかったのか
17:

>>4>>5
なるほど
17:

>>392
こんな論評だぞ

>ある編集者は「一文一文が果てしなく長く、読者を完全に突き放している」と感想を述べたという
17:

>>5
返事しなかった7社はそれに気づいて相手にしなかったのかも
16:

商業とはまた別だしな
16:

「一文一文が果てしなく長く、読者を完全に突き放している」

わろた
16:

知ってた
じゃないんだな
16:

盗作のチェック機能が働いているんだろ。いいことじゃないか。
16:

おいファン、勝手なことすんなよw
16:

盗作はダメですって返信はなかったのか
16:

返事がこなかった出版社は既出の作品だと気付いたから無視したのだと思いたい
16:

>>1
ファンが作家の作品を出版社に応募するなんて酷いな
16:

未発表作品なら面白いけど
1962年に発表済みなのか
盗作だと思ったとこもあるだろうな
16:

抜粋50ページだからダメだっただけ
なんでもそうだろ?
一部だけ切り取っても面白いわけない
完全版なら絶賛されてただろう
16:

>>22
自作小説をカット無しで全部送るのは危険だかね。
面白いけどちょっとあれだな,うちのあの作家に手直しさせてだしちゃえ。
とか有りうるからね。
17:

>>22
それは…どうだろう?
1シーンまるまるの描写だと思うのね、50ページって
そこから作家性を把握することは部分的だが可能
かつ、面白いかどうか把握することも可能

ただ、この作家さんはきっと一般的な面白さとかけ離れていると思うの、読んだことないけど
16:

逆に採用した出版社があったらどうするつもりだったのよ?
16:

正直、売れるって文章ではなかろ
大体の受賞作家は
16:
2008/09/15(月) 10:23:38
103 :美香(東京都):2008/09/15(月) 10:23:38.24 ID:4M2IYIFz0
    ∋*ノノノ ヽ*∈
    川´・ω・`川 多分ここの低能どもは、川端康成の書いたものでも
              同じように的外れな煽りするんだろうね(w
294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋):2008/09/15(月) 11:28:56.01 ID:P7tCms620
    嘘のように多い星は、見上げていると虚しい速さで落ちつつあると思われるほど、あざやかに浮き出ていた。
    星の群が目へ近づいて来るにつれて、空はいよいよ遠く夜の色を深めた。

    どうでしょ
302 :美香(東京都):2008/09/15(月) 11:32:02.40 ID:4M2IYIFz0
    >>294
    ∋*ノノノ ヽ*∈
     川´・ω・`川 嘘のように、というのが陳腐。
              虚しい速度って何。
               星の群が目へ近づいてくる~も意味不明。
304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(長屋):2008/09/15(月) 11:33:31.77 ID:P7tCms620
    >>302
    川端康成 (雪国より抜粋)
16:

>>42
いい芸風だよなあ
いつ見ても惚れ惚れする
16:

>>42
これを見に来た
16:

もうネット時代だから、Web図書に自分で出すのが賢い
で、ネットの評判で判断するのが賢い

出版はアレらの影響下
十字架を掲げない某のな
16:

商人と創作者は別
良い物が売れるとは限らない
資本主義の欠陥の一つ
16:

重要なのは
何を書いたか、ではなく
誰が書いたか、である
16:

>>64
それすでに>>1で指摘されてるがな(´・ω・`)
16:

現代美術ってさ、作者を伏せたらほとんどはゴミ扱いされるよね
16:

>>65
バイオリンのプロが路上で演奏したら誰も見向きもしなかったとかあったね
16:

>>73
そうでもない。

やはり洒落でプロがコンテストに出たら
別格扱いだった。
17:

>>73
路上での演奏なんて音響の悪い環境だから何も評価できないだろ
16:

小説家になろうで、同じことやった奴いるな。
有名人の短編を丸ごとパクって、新規アカウントの人間が投稿したら、誰からも見向きもされなかったとか。

結局は、小説なんてものは、見る側の色眼鏡次第。
16:

美しい文章を書く以前にエンターテイメントしてないと今は売れないからね
16:

> 文学作品を出版するにはすでに有名な作家である必要があると指摘した。

日本の映画・ドラマ界も似たようなもんだよな
演技力のある無名の新人より、演技が果てしなく棒のモデルとかアイドルとかを役者に起用する
16:

ハリーポッターも山ほど断られたんだっけ。
16:

1.読まないままポイした
2.パクリと分かって断った
3.下らない作品と判断して断った

1~3の内訳がほしいところ
16:

紙で送ったのかな。
今ならテキストファイルでの投稿は一部分をコピーして検索、
似てる文章がすぐ見つかってイタズラか盗作と判定されるんじゃないかと。

あと、ノーベル文学賞を取った人の作品だって、全部が名作じゃないだろ。
特に癖の強い部分を抜き出したんじゃ売り込めないのは仕方ない。

もっとも「誰さんの作品に似すぎている」という返答をよこさなかったのは、
誰も気づかなかったのか、文体が当社規定から外れてたのか、分からないけどね。
16:

時代が追い抜いた。

時の流れに耐えられるような普遍的な内容じゃないということでは?
16:

編集者のレベルなんてどこもこんなもんだよw
16:

>>156
いや、今回は編集者は正しい。
こんな文章、ノーベル賞受賞者という冠をつけても専門書扱いにしかならない。

まして無名ならゴミ箱直行だ。
16:

村上春樹「な?」
16:

文章無駄に長いのは読んでて飽きる。
17:

絵画の抽象画とかも同じ結果になりそう
17:

じっくり読まないとわからない小説なんかは
傑作であっても埋もれる可能性は大きいな
とっつきやすさ、わかりやすさは作品の価値を上げている
17:

京極夏彦は初めて書いた小説を講談社に送ったら、
返事の是非には数ヶ月掛かると言われたけど、何故か2日で返事が来て、
講談社側は「有名な作家がイタズラで送って来てる」と勘ぐったそーな。
17:

出版関係者の自己弁護w
ちょっとは勉強しろよ
17:

>>1
別におかしいことでもない
たとえば芥川賞は選考委員全員が受賞に賛成することなんてまずあり得ない。必ず2~4人くらいが反対するしボロクソに叩くこともある
文豪の作品を批判をしてる評論家だって数多くいる

文学ってそういうもんだよ絶対的な名作なんてないし、批判したら恥ずかしい作品なんてない
17:

選考する者のモノサシが小さくて測れないことがあるんだよ。
この国だってろくなのがいないだろ。
17:

一文が数ページってこれはうざいw
17:

一文が数ベージてどういうこと?
17:

>>225
野々村竜太郎のブログみたいなもんだろ。
あの人も一文が異常に長いだろ。
17:

その昔、『ファルサロスの戦い』ページ開いて
5、6行で、さっ閉じして床にたたきつけた。

若いときのソレロスもそうだが特にとっつきにくい系譜。
ケロールやクレジオはまだ読める。
17:

「100年の孤独」なんて登場人物の名前覚えることに脳の殆どを持って行かれたもんな
17:

俺がランニングを着ると裸の大将だけど
ケインコスギが着たらモデルになる、みたいな話か
17:

メディアに洗脳されて中身なんて誰も見てないからな
17:

編集者も一読者にすぎないからなぁ
「運」だよね
17:

スティーブンキングが別のペンネームでどんだけ売れるか試したことを思い出した
17:

送った作品が悪いんじゃないか
17:

当時名作であっても、現代では駄作ってこともありえるwwww
20:

嫌らしいことする
国土交通省 「インスタ映え」する風景を増やす政策 日本の大会で無双した15歳の外国籍選手がバスケは身長スポーツであることを叩き込む画像が話題に
【テニスBIG4】マレー、引退 ノイタミナで1番ってあの花でいいの?
転職サイト登録したらやばい物件が来た 【朗報】指原莉乃「このままで応援してもらおう!というのはおかしい」 NGT48山口真帆の暴行事件で運営側の問題指摘
【悲報】「頑張れ」、放送禁止用語になる 【朗報】家系ラーメン、風邪を治す特効薬だった
ネコの餌やりを40分間遅刻した時のネコのリアクションwwwwwwwwwwww 小林よしのり「安田純平は武士のような人格者。それに比べて自己責任論でバッシングするヘタレ虫ども
2019年記事一覧
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧