まとまった
女性のひきこもり、高齢化 7割は30代、40代、50代以上 期間は10年以上が最多 女性の経験者実態調査 【悲報】ソシャゲさん、とんでもない課金システムを導入してしまう
TMR西川貴教とお泊まり報道、女子アナの母激怒 23歳で禿げてるんだけど見て
山形県へ移住でコメ・みそ・しょうゆ1年分提供 チェスターコートとかいう来年は絶対に誰も着てないお洋服wwwwwwwwwwwwwwwwww
【悲報】モンハンの受付嬢アンチスレ、発売から一ヶ月も経たずに7スレ目突入してしまう 羽生結弦くん、憧れの声優とのコラボインタビュー動画で壊れるwwwwwwwwwwwwwww
【最低賃金で働かせ放題】裁量労働拡大の安倍政権に反対する数百人がデモ「毎晩、無償で残業させるな」 厚切りベーコン「四季はどこにでもあるデショ!?」 日本人「うるさい!嫌なら日本から出ていけ!」
日本男子がだんだん女性化してきててヤバくないか? 【画像】若者のクルマ離れの理由が判明   
【朗報】ロシアで糖尿病と戦う「インスリン産生細胞」が開発。これでコーラ飲み放題、白飯食い放題だな
1: :2018/02/23(金) 01:19:42.34 ID:ntZrEdgO0.net


糖尿病対策に役立つ「インスリン産生細胞」がロシアで開発されたと、同国のスクヴォルツォワ保健相が明らかにした。
インスリン産生細胞は、様々なタイプの幹細胞から実験室で「培養」され、糖尿病に伴い冒された膵細胞を置き換えるために利用される。
スクヴォルツォワ氏は、「事実上すでに今、自己細胞から人間の臓器や臓器系と同等のものを作り出すことができる時代に我々は生きている。
すでに我々は自己尿道を開発し、軟骨組織の成分を開発した。我々には合成皮膚を、しかも実際に生きている人間のものと同じような多層構造から成る皮膚を作る方法がある。
言うまでもなく、突破口となっているのはインスリン産生細胞の開発だ。この細胞は、2型糖尿病患者の血液に注入することで、事実上の補充療法となる」と語った。
スクヴォルツォワ氏によると、この治療法によって、将来的には定期的なインスリン注射をしなくても済むようになるという。

https://jp.sputniknews.com/science/201802224606868/
02:

コーラが糖尿病の要因だと思ってるバカがいるのにびっくりするわ
米と糖尿病の関連性はあるけどね
02:

検出されないドーピング剤開発してたら偶然発見しましたの巻
02:

おそロシア
02:

インスリン発見から約100年
いよいよ糖尿病の克服なるか
柏木由紀さん坊主無し決定!秋元康「恋愛禁止ってシャレだよ?キモオタ君達は何を真に受けてるの?ジャニーズと手越してても問題ないよ。これからもCD買い続けてね」 鹿児島・桜島で爆発的な大噴火発生!噴煙は4100Mに達し、史上6位の高さに… ※噴火動画あり
【絶賛】キアヌ・リーブスが神対応‼カッコ良すぎるwwwww 「や、やっちゃった!」 気付いた時にはもう遅い… 取り返しの付かない画像集 後編
友人宅で心霊現象発生!「玄関に盛り塩」と助言→ポテチの「のりしお」が置かれる 【国際】「ハンニバル・レクター2号」が脱走 カリフォルニア刑務所
【発射ペース毎週へ】北朝鮮が日本海に向けミサイル1発を発射 日本の経営者「IT技術者が足りない!」→解決策を閃いた結果wwwwwwwwwww
ネット時代のNHK受信料検討を 総務省の有識者検討会 年収が高いほど男は結婚し女は結婚しないと判明 未婚率 年収1000万円 男5% 女40%
【速報】民進党・小川勝也議員の長男、再逮捕wwwwwwwwwwwwwww【女児強制わいせつ】 【インド】 市街地にヒョウが出没、捕獲に失敗し街は混沌へ
【衝撃】自宅前で「新聞紙」を燃やしているのを注意された男性がとった行動・・・・ 【悲報】鳥越俊太郎「私は昭和15年の生まれで終戦の時20歳でした(注:終戦は昭和20年、鳥越氏は5歳
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧